顔のカサカサを即治すにはどうすればいい?

MENU

顔のカサカサを即治すにはどうすればいい?

顔がカサカサになる原因は乾燥が原因です。「一生懸命にお手入れしているのにカサカサになっている」という方もいますよね。この場合は使用している基礎化粧品の保湿効果が不足していると考えていいでしょう。簡単に済ませられるオールインワンゲルだけでのスキンケアで、肌のカサカサが治まらないことも多く、基礎化粧品の見直しも重要です。

 

ただすぐにでも肌のカサカサを治したいのであれば、水分を挟み込んで肌内部の角質層まで行き渡る性質のあるセラミドが頼りになる成分です。ですからセラミド配合の基礎化粧品に変えてみるだけでもカサカサ解消は早くにできます。

 

ただ基礎化粧品でカサカサがなかなか治まってくれないときの裏技もご紹介しましょう。化粧水で肌を整えた後、カサカサが特に気になる部分に少しだけ馬油を使うことです。馬油の成分のほとんどはセラミドなので水分の吸収が良くなります。ですから化粧水、馬油、また化粧水、美容液、クリームという順番でお手入れしてみましょう。

 

馬油は名前の通り馬の油分なので、ごく少量ずつ使うことがポイントです。ですからほんのわずか手のひらにとって、よく伸ばしてから、肌に貼りつけるように使うと、カサカサを刺激せず、効率よくセラミドを与えることができます。そのあとにさらに化粧水を使って、水分をまた与えるというわけです。

 

顔のカサカサを治すためにはスキンケアでちょっとプラスするという方法が実行しやすい解消方法です。敏感肌向けスキンケアシリーズの基礎化粧品を使うことで、さらに効果は倍増しますから、カサカサになりやすい方は敏感肌向けスキンケアシリーズでも高保湿のものを普段から使うといいですね。

 

馬油はあくまでもプラスして効果を発揮してくれるものと考え、通常のスキンケアでも肌の水分量をアップさせていきましょう。肌の水分量の不足でカサカサになるわけですから、じっくりうるおいを与える基礎化粧品を選んで使うことも大事です。